学校と学習塾は根本的に考え方が違うことを理解しましょう

学校と学習塾は根本的に違います。
学校ならば数学ができない生徒に『君は数学の成績が悪いから頑張れ。」とだけ言っていればいいのですが学習塾で同じことをしてしまうとその講師は来年その学習塾にいなくなってしまいます。
つまり、学校とは勉強ができる人間と苦手な人間に選別するところなのです。ですから、そこで勉強を教えている人間はその人が教える分野を理解さえしていればいいのであって、上手に誰かに伝える能力のある人を採用しようという基準で選ばれていません。
ですから、勉強が苦手なのだけれども勉強を理解した生徒は学習塾に行って分かりやすい教え方をしてくれる講師に教わったり、本屋で分かりやすい解説のついた参考書を使って知識をものにしようと努力します。
しかし、頭のいい人というのは自分で問題集を解いて解説を読めばすぐに理解でき、短時間の学習で多くのことを理解してしまうので、学校での勉強もつまらないものになってしまいます。脱毛 うなじ